bicerin

BICERIN OFFICIAL ONLINE SHOP

 

−  バーチ・ディ・ダーマ    それは、貴婦人のキス  −




Bicerinで特に人気の焼菓子 『バーチ・ディ・ダーマ』。

イタリア語で「Baci di dama」は、貴婦人=マダム(dama)のキス(baci) という意味があり、トリノの伝統的な焼菓子です。

アーモンドプードルで焼いたクッキーにチョコレートをサンドし、サクサクとした食感が特徴的なのですが、形状がキスマークに似ていることからその名前が付いたと言われています。

イタリアではアーモンドプードルを使った焼菓子の総称を「アマレッティ」と言い様々なフレーバーがあるのですが、「バーチ・ディ・ダーマ」はトリノ風のバリエーションの一つだといわれています。



 






 
マカロンの原型ともいわれる伝統菓子



「バーチ・ディ・ダーマ」は歴史的にマカロンの原型になったお菓子だといわれています。

時は16世紀。イタリア・フィレンツェの貴族メディチ家(レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロのパトロンなどをしていた名家といわれる)の娘であったカトリーヌ・ド・メディシスが、時のフランス国王アンリ2世のもとへ嫁ぐ際、イタリアから様々な食文化をフランスにもたらしたといわれています。

その中の一つに彼女の好物であったアマレッティもあったとされています。
そしてその後アマレッティは、フランスではアーモンドプードルとメレンゲで焼き上げたマカロンと変化していくのですが、当時のマカロンは現在のマカロンのように間にガナッシュやジャムは挟まっていない片面焼の物でした。

実は現在日本で知られている、いわゆる「マカロン(ガナッシュなどがサンドされている形状の物)」の正式名称は「マカロン・パリジャン(macaron parisien / パリ風マカロン)」といい、フランスで片面だけのマカロンが広まった後に、トリノの「バーチ・ディ・ダーマ」をフランス風に発展させたものだとされているのです。



 
 
 




接待の手土産に

 
 
Bicerinのバーチ・ディ・ダーマはこれまでに様々な賞を受賞しています。 

 


商品の味はもちろんのこと、パッケージデザインなどについても厳しい審査基準が設けられた品評会などにおいて、光栄なことに様々な賞を受賞しております。
手土産選びの機会が多い現役秘書などのビジネスパーソンが目利きした至極の逸品は、大切なビジネスシーンでの手土産や、プライベートにおけるこだわりの贈り物にも最適です。